「しろ」の退院

「しろ」の担当医から連絡が・・・

「しろちゃん、何度も危ない状況に合っています、今は酸素部屋で過ごしていますが・・・」

「もう、限界を越えています」

・・・・・

駄々をこねても
泣いても
叫んでも
何も変わらない
今を、現実を、受け入れるって、
いつも自分なりに決めて
やってきたつもりで

「しろちゃん、病院なんかよりも、お母さんと一緒に過ごした方が・・・」

「しろ」はまだがんばってるから

きっと「お母さん」のお膝が
今の「しろ」には必要なんだって

「しろ」を迎えに急遽 福島へ

車をぶっ飛ばしました

「お母さん」を迎えに行き、二人で病院へ

道中「お母さん」に「しろ」の今の状況を話した
「お母さん」はゆっくり、「しろは家の子だ、家に連れてゆっくり過ごさせる」って・・・



病院に到着しました
1445838878612.jpg



先生のお話
・自己排尿困難→改善せず
・肺炎→改善せず


このまま、仮設へ・・・


「しろ」お帰りなさい。

1445838875671.jpg



夜遅く、担当医より連絡がありました

「排尿、最低限の補液、投薬に良かったら、仮設までお伺いさせて頂きます。」

ありがたくて、本当ありがたくて、

「お願いします」と返事しました
1445838954916.jpg


この日「お母さん」と「しろ」のお家に泊まらせて頂く事になりました。



「しー」苦しかったらもう頑張らなくて大丈夫だよ
もう沢山沢山我慢したよ

その反面、「しー」の奇跡を信じたい

でも、これ以上我慢させたくない
1445838955786.jpg


全ては

「しー」が決めるんだから

何があっても「しー」が決めるんだから

コメントの投稿

非公開コメント

No title

しろちゃん、
大好きなお母さんのいるおうちに帰れて良かったね。
大好きなお母さんに、いっぱいいっぱい甘えてね。

しろちゃん、
可愛いしろちゃん、
大好きだよ。

プロフィール

菊子

Author:菊子
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
フリーエリア
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR