あちこちで妊婦猫

飯舘村 長泥地区が7月17日帰還困難区域に指定され、ボランティアは容易に入ることが出来なくなりました。

DSC_0489.jpg

ここにいた猫達。その中でも飼い主さんがいない猫は特に、今まで以上に厳しい環境となることでしょう。

この地域の 飼い猫さんにその飼い主さんが3日に一度くらい来てあげるというご飯を

この地域の子で取り合って喧嘩してなければ良いのですが・・・

住民の方と連携してこの地域に入れてるというボランティアの方がたぶんおられると思います。

でも、帰還困難区域になることで、確実に人知れず死んで行く命もあること。

国はもう少し重要視して欲しいです。









飯舘村にこの日も入り、Kさん宅の子犬捕獲です。

でも、毎度・・・なかなか捕まりません(´ε`;)

どうしたものかしらね~はぁ・・・

捕獲器を仕掛けてる間は、飯舘村に置き去りにされている子たちの給餌に向かいます。

これからの季節は、飼い主さんも毎日来れないところの動物たちは

水だけでもせめて新鮮な綺麗なものを飲ませてあげたい!

暑さに負けず頑張って欲しいから、

美味しいものも食べさせてあげたい

そんな気持ちでやってます。






ある給餌ポイントに、妊婦猫がいるとなおみんから聞き行ってみることに。

いました。なつっこい子です。

福島弁では、なごい子と言うんです(*´∀`*)

飯舘の猫ちゃんはなごい子多いです。

妊娠してます。

DSC_0500001[1]


早速捕まえましたが、入れ物が無い!

仕方が無いので、紙袋に入れてみました(^◇^;)

DSC_0497000[1]


おとなしく入ってくれました。

念のため、もう一つバックにIN

DSC_0488[1]



この間より、協力いただいている伊達の病院まで搬送しました。

やはり妊婦猫ちゃんでした。




堕胎と避妊手術をしてもらって、しばらく入院です。


一週間後に 引き取りに来て、もとの場所にリリースしました。


これで一つ負の連鎖が食い止められたことになります。



飯舘村は 不幸に産まれて来る命が、あちこちに沢山います。

産まれた子は可愛がられるわけでもなく、

ただ、川に捨てられたり 山に放置されたりするのです。

それが、ごくごく当たり前に頻繁に行われています。

そして、避妊去勢への理解も薄く避妊去勢を受けてない子が沢山います。



だから活動中は妊婦猫に出会う確率が多いのです。

私たちは、活動しながら飼い主さんに避妊去勢の必要性を理解してもらい

その場で承諾をもらいながらコツコツと不幸な子を増やさない努力をしてます。




今の時点でくい止めれば、また秋に不幸な子が産まれることも少なくなります。

しかし、私たちの活動費用の乏しさよりなかなか進まないのが現状です。


にゃんだーガードでは、この度 飯舘村のTNRを行うことになりました。

しかし、一斉捕獲TNRではフォロー出来ない妊婦猫が日々の活動の最中見つかることが多々あります。

これを食い止めるかが一番大事だと、私たちは考えています。



是非皆さんのお力をかして頂けませんでしょうか?
避妊去勢代のご支援をお待ちしております。


ご支援の方法は追ってこのブログに書かせて頂きます。

どうかご理解とご協力をお願いいたしますm(_ _)m


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

菊子

Author:菊子
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
フリーエリア
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR