スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8月19日

この日向かったのは、家の住民が全員いないというお宅

住民の方は亡くなってしまって、近くに住む方が管理しているというお宅です。

わんこ3頭に猫もいます。

照り返しの強いコンクリートが居場所だから日除けを出来る限り作って来ました。

IMG_2758[1]
IMG_5317[1]

このお宅のワンちゃんはお散歩出来てません。
出来る限りお散歩をしてあげたい。


飯舘の比曽のKさん宅。

しっかり写真撮れたのでご披露します。

Img_9098[1]
Img_9085[1]

あともう一匹撮れてないか・・・

8ヶ月くらいの子です。

可愛いでしょう(*´∀`*)

次に来るときのこと考えて、お水とご飯をたっぷりと与えて来ました。

沢山たべてね~!


そして、

今回 ある団体の方が、大きな捕獲檻を作ってくださって設置してくれました。

捕獲できますよに!

みなさんも応援してね!




このお宅のボスですが、

預りをしてくれる方が申し出てくれまして、

そのお宅に移動しました。

本当にありがとうございます♪

ってな訳で
ボスの陣地作りに励んで来ましたよ!

こーなりました♪(^〇^)

DSC_0578[1]


ボス、皮膚の状態も良くなってきました。

里親さんが早く見つかるといいね(´▽`)

とっても良い子です。









次回26日に飯舘に入ります。





スポンサーサイト

飯舘村(原発避難区域の町村)のTNR 及び 飼い犬猫の避妊去勢にご協力をお願いします。

私、菊子は 震災直後より原発避難区域の動物たちのためにがむしゃらに活動してきました。

私財を投げ打って、千葉から毎週 福島まで通い、

動物たちのために出来ることを今まで頑張って来ました。


今年に入り、子犬・子猫の産まれてしまっている現状を目の当たりにして

これ以上殖やすことは誰も望まないし、不幸な子が殖え続けるだけだと、

飼い主さんと相談しながら避妊去勢を行って来ました。



ですが、

今、資金の問題にぶつかっています。



避妊去勢は、緊急性を要します。

給餌・給水に入ったお宅で、妊娠猫や犬を見つけてしまうことが本当によくあります。

これをもし放置したら、どうなると思いますか?


生まれてきた子を、川に捨てる。ひどい人は石で潰すということも聞きます。

袋に生きてるままいれてゴミというのもあるんです。山に放置して獣に食べさせることも・・・



確かに、この土地の人のモラルの問題だし、

避妊去勢をすることは、飼い主の義務でもあります。

避妊去勢代を支払うのが私たちボランティアが払うべきでは無いという方もいることでしょう。


ですが、理解してくれない方に手術が有料という話をして説得していては

その日のうちに新しい命は生まれてしまいます。

産まれてしまった子は、私たちの知らないところで、石をぶつけられて殺されるのです。





今、少しづつですが、他のボランティアさんも頑張ってくれており

村全体に避妊去勢の重要さが浸透しつつあります。

この流れを止めたくないです。


妊娠猫・犬を発見出来たら

チャンスと思い避妊去勢を進めて行きたいのです。




ですが、今資金面で本当に壁にぶち当たってます。

避妊去勢だけでなく、犬や猫の環境の整備もしています。

日よけの無い子には、日除けを作ってあげるし

小屋が壊れて使えない子には、小屋を支援したりします。

様々なことに資金が必要です。



そこで、私の活動に賛同してくださる方にお願いします。

10円でも100円でも1000円でも構いません。

どうか私の活動に皆さんの力を貸して頂けませんか?

よろしくお願いします。




゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..

ゆうちょ銀行

記号 10590
番号 7069121
店番 058 普通

名義 ナイトウユウコ


゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..



活動報告とともに、支援金の報告は3ヶ月で区切りこのブログにてさせていただきます。

支援していただいた方の名前は、イニシャルでお伝えします。

どうか、原発避難区域の子にあたたかいご支援をよろしくお願いしますm(_ _)m



20120818_074142[1]


ボスと私 











8月12.13日 飯舘村へ

8月12日.13日と飯舘村へ行って来ました~。

無人の村に 残されている子達にとって とっても辛い夏です。

震災後 二度目の夏です。

水は自由に飲めないし、ご飯もたまにしかもらえないなんて子達が沢山います。

ごくごく普通の暮らしさえも出来ない子達。

日よけも無く炎天下に放置されてる子もいるし・・・・

そんな子達の居場所が少しでも快適になればいいな~と

今回も頑張って来ました。

飯舘村のワンコのすべてを見てあげることは出来ないけど、

出来ることをコツコツと少しずつでも幸せにしてあげてます。



このお宅のワンちゃんは、日除けが少ないので寒冷紗をかけて日除けを作って来ました。

20120818_073635[1]

20120818_0739490001[1]

陽があると無いとでは、体感温度にもの凄く違いがあります。

小屋の中は狭く風も通らないし、繋がれているので行きたくても日陰を求めて動けません。

人の目もない中 こうして放置されていたら本当に命取りです。





次のお宅でも、日よけも無くいた子に波板で日除けを作りました。

20120818_073913[1]

20120818_074125[1]

20120818_074018[1]



ここに残されている子たちも原発の被害者です。

命あるものが

震災後一年半ちかく経つというのに、未だに状況も変わらずに放置されているのが本当に悔しいです。

それでも、飼い主を待っている子たち。

不憫です。

新鮮な水を飲む権利も無く、何日かに一度ご飯を与えてもらうだけ

お散歩は無しが普通です。


この状況はいったいいつまで続くのでしょう。






この日も佐須(飯舘でもかなり遠くの地域)の

行方の解らないお母さんわんこの捜索で捕獲器をかけに行ったり、

比曽の子犬(もう8ヶ月くらいになってしまうかな?)の場所に捕獲器を仕掛けて様子を見ました。

ここの捕獲器は今回も役場が貸してくれて、設置までしてくれました。

比曽のKさん家は雑草が物凄くて草刈もしました。

蛇がいてびっくりした!

この時期は、蜂とか蛇とか気を付けないと本当にまずいです。


そして合間を見て給餌に向かった久保曽のKさん宅ですが、

着いたらガリガリの猫ちゃんが出てきまして、皮膚も持ち上がってしまう脱水症状(;´Д`)

ここらは お水はある程度自由に飲めるはずなので、

これは・・・虫か何かがお腹にいるのでしょう。

ほっとくことも出来ず保護となりました。


20120814170501e29[1]


シェルターで保護されてます。

ミューと名前をもらいました。

良かった~手遅れにならないと良いけど。

去年の夏の暑い日に保護したペコちゃんを思い出しちゃった(つд⊂)


ちょっと儚げな表情が、不安にさせます。

ミュー頑張れ!






明日から3日間福島へ

今から福島へ行って来ます。

みなさんがお盆休みの間も私は動物のために頑張ります!

なおみんも今日飯舘村に行ってくれています。

みんなで合流してやれること頑張って来ます。


毎回通ってるKさん宅のわんこ。

役場が都合してくれて捕獲器を今回休みのところ貸してくれました!

出来る限り保護したい!


今回は、ちょっと郡山の駅で募金活動もするつもりです!

ではでは、気をつけて行ってきますね(^^♪



あちこちで妊婦猫

飯舘村 長泥地区が7月17日帰還困難区域に指定され、ボランティアは容易に入ることが出来なくなりました。

DSC_0489.jpg

ここにいた猫達。その中でも飼い主さんがいない猫は特に、今まで以上に厳しい環境となることでしょう。

この地域の 飼い猫さんにその飼い主さんが3日に一度くらい来てあげるというご飯を

この地域の子で取り合って喧嘩してなければ良いのですが・・・

住民の方と連携してこの地域に入れてるというボランティアの方がたぶんおられると思います。

でも、帰還困難区域になることで、確実に人知れず死んで行く命もあること。

国はもう少し重要視して欲しいです。









飯舘村にこの日も入り、Kさん宅の子犬捕獲です。

でも、毎度・・・なかなか捕まりません(´ε`;)

どうしたものかしらね~はぁ・・・

捕獲器を仕掛けてる間は、飯舘村に置き去りにされている子たちの給餌に向かいます。

これからの季節は、飼い主さんも毎日来れないところの動物たちは

水だけでもせめて新鮮な綺麗なものを飲ませてあげたい!

暑さに負けず頑張って欲しいから、

美味しいものも食べさせてあげたい

そんな気持ちでやってます。






ある給餌ポイントに、妊婦猫がいるとなおみんから聞き行ってみることに。

いました。なつっこい子です。

福島弁では、なごい子と言うんです(*´∀`*)

飯舘の猫ちゃんはなごい子多いです。

妊娠してます。

DSC_0500001[1]


早速捕まえましたが、入れ物が無い!

仕方が無いので、紙袋に入れてみました(^◇^;)

DSC_0497000[1]


おとなしく入ってくれました。

念のため、もう一つバックにIN

DSC_0488[1]



この間より、協力いただいている伊達の病院まで搬送しました。

やはり妊婦猫ちゃんでした。




堕胎と避妊手術をしてもらって、しばらく入院です。


一週間後に 引き取りに来て、もとの場所にリリースしました。


これで一つ負の連鎖が食い止められたことになります。



飯舘村は 不幸に産まれて来る命が、あちこちに沢山います。

産まれた子は可愛がられるわけでもなく、

ただ、川に捨てられたり 山に放置されたりするのです。

それが、ごくごく当たり前に頻繁に行われています。

そして、避妊去勢への理解も薄く避妊去勢を受けてない子が沢山います。



だから活動中は妊婦猫に出会う確率が多いのです。

私たちは、活動しながら飼い主さんに避妊去勢の必要性を理解してもらい

その場で承諾をもらいながらコツコツと不幸な子を増やさない努力をしてます。




今の時点でくい止めれば、また秋に不幸な子が産まれることも少なくなります。

しかし、私たちの活動費用の乏しさよりなかなか進まないのが現状です。


にゃんだーガードでは、この度 飯舘村のTNRを行うことになりました。

しかし、一斉捕獲TNRではフォロー出来ない妊婦猫が日々の活動の最中見つかることが多々あります。

これを食い止めるかが一番大事だと、私たちは考えています。



是非皆さんのお力をかして頂けませんでしょうか?
避妊去勢代のご支援をお待ちしております。


ご支援の方法は追ってこのブログに書かせて頂きます。

どうかご理解とご協力をお願いいたしますm(_ _)m


飯舘村 kさん宅の犬の保護 その4



諦めずにKさん宅の子犬残り3匹の捕獲を続けています。

なかなか本当にみんな捕まってくれません。



今日はにゃんだーガードシェルターにて

今保護されているこのお宅のボスの話をします。

7月10日保護したこの家の犬の中で一番強くみんなを守ってきたボスです。

t02200367_0240040012085770817[1]

ボスは、給餌の際、このお宅につくとまず真っ先に出てきて私たちをチェックします。

でもブルブル震えて健康状態も悪そうで、冬が超え春を過ぎると皮膚の状態もひどくなり

早く保護しなくてはと私たちも気持ちだけが焦っていました。





飯舘村は本当に自然がいっぱいの素敵な村なんです。



この家のお父さんは自然界に生きてる男…なんですよね。



山に行くときもボス(白犬)をよんで一緒に山に行き

山で一緒寝たりしてたんですって。



今回の保護で、無理矢理お父さんからボスを離すのはって

正直 おもったりしましたが…


ボスの年齢を聞くとまだ二~三歳なんだそうです。



お父さんは自然界の男だから

犬は居ればかわいがる。


いなきゃいないで仕方ないって考え方…


マダニやノミの薬や

狂犬病の注射を一度も受けた事がないって方です(^^ゞ


勿論

犬や猫に 子が産まれたら

「川に流す」など簡単におっしゃいます(^^ゞ




全体的に考え 私たちはお父さんもなかなかこの地に足を運べない状況になっていることなどから

今回の保護に至りました…

でも、一緒に暮らしていたボス達は

お父さんが好きで お父さんが好きで。



たとえどんな飼い主であっても、一緒に暮らしていたというのは大きいでしょう。


ボス ごめんね

これから 凄くボスに合う家族を探すからね。




保護時 私が車に乗せようとだっこすると おしっこをした…

たけ車に移す時もまたおしっこチビっちゃったね。

病院に連れて行き体重計に乗せたらまたおしっこを…





ボス…

ごめんね…ばっかりの私です。







全てが初めてで

ボスにとっては怖い事ばかりなんだよね…

今は少しずつですが

うんちも水下痢から固いうんちになり

ご飯もパクパク♪よく食べるようになりました。

お散歩だって上手になってきたんだよね。

今までそれこそお散歩なんてしたことなかったんだよ。



ゆっくりゆっくり
前に進もうね




本当に愛くるしいボス…







ボスは人に対しての攻撃はしません。

里親さんに 高望みをするのなら、同じような自然の中で

出来る限り自由に暮らせる生活をさせてあげたいな~。

本当に幸せにしてあげたいヽ(*´∀`)ノ







飯舘村 kさん宅の犬の保護 その3

シェルターは、二本松市にかまえる RJAV被災動物ネットワークさんでした。

代表は佐藤厚子さん

仲間の方では知らない人がいないほどの方です。

猫はそれなりにいますが、犬の数はそれほどいません。

マルいれて4頭かな?

早速 マルに会わせてもらいました。

DSC_0457[1]


ちょっと噛むかもって言われてたマルですが。

少しまだ固まってたけど、とても可愛い子でした。


マルと会ってどうしようとか思ってたわけでは無いのですが、

ここで里親さんも探して頂けるとのことですので

まだ捕獲して行き先のない子もいますし

ひとまずお願いしますと言うことで。


これでお父さんにも報告できますし安心です。




そしてkさん宅の保護は続きます。

今の時点で、子犬があと3匹です。

なかなか捕獲器も入ってくれなくて、難しい状況です。

でも私たちは諦めません。




7月21日

なおみんが今度は保護に入りました。

たけちゃんからの紹介で、

いわきの知り合いに犬用の捕獲器を借りに行ってもらいました。

なおみんと捕獲器を貸してくれた方は去年からの保護活動で知り合っていたようです。

久しぶりの再会だったようです。

そしてまたいわきから大回りして飯舘に。

福島県は本当に広いんです。

警戒区域に阻まれてるせいで短縮ルートはことごとく通れないしね。

掛かるガソリン代も半端ないです。

捕獲器をかけて給餌に向い戻って来ましたが、やはり掛かっておらず・・・。

でも毎度のことですが諦めませんよ!







飯舘村 kさん宅の犬の保護 その2

7月15.16日とたけちゃんが、Kさん宅の保護に入りました。

15日は様子を見るために寄ったのみだったようですが、まったく犬の気配も無く。

姿すら見せなかったそうです。

次の日に、もし子犬が捕まったら搬送先は用意されてたので捕獲器をかけてくれましたが

16日に行ってみたところ捕獲出来てませんでした。

16日はこの家のお父さんも一緒に行動してくれたので心強かったそうです。

この日の最大の目的は、この間残したマルちゃん(メス)を捕まえること。

お父さんもいるし楽勝!だと思っていたのですが・・・

前日と同じく犬たちはまったく姿を見せてくれず、偵察隊の子犬がかろうじて見かけるのみ。

その子も捕獲器に入ってくれず時間だけがすぎてついにタイムアウトで

この間、病院で避妊手術を受けたダイちゃんを引取りに伊達の病院へ。

マルとダイは同じ場所で行くところができていたので、

この日捕獲できなかったのはとても残念でした。

ダイちゃんのみ神奈川ドックプロテクションへたけちゃんが移送してくれて

広い敷地に放たれて過ごすことの可能な素敵なシェルターの仲間入りをしました。


実は 後で解ったのですが、マルは16日の午前に他の団体さまが捕獲してくれていたのです。

いないはずでした(^^ゞ


私は、幸せになるなら、どこへ行っても良いと思いましたが

お父さんへの報告もしたいし、

早速、マルの保護されたシェルターを尋ねることにしました。

DSC_0448[1]


飯舘村 kさん宅の犬の保護をすすめてます。

飯舘のKさん宅に、7月9日から11日入り保護活動しました。

メンバーは、菊子・なおみん・たけ・JJです。

t02200124_0720040512036625891[1]


このお宅は、もとも成犬4匹 成猫3匹 いました。

犬が子供を産んで、合計が9匹くらになった時期もありましたが

放浪してるので未だにはっきりした数がつかめていません。


飼い主さんには、飼うことが難しいため、放棄してもらうことになり、

保護先を手配しての今回の保護活動となりました。

みんな一年以上も放たれて暮らしてるので、

私たちが、家に来ても必ず姿を見せる時ばかりでは無く、

困難な部分が多々あったのですが、


今回、9日このお宅のKさんと、役場に捕獲器の貸出しをしてもらって、一緒に現地に入りました。

お父さんを連れてきた効果はすごくあって、

成犬の飼い犬は一度はほぼ捕まえることが出来たのですが、

子犬(7ヶ月)は、手では難しいため、役場から借りた捕獲器を使いました。

子犬も二匹まずは捕獲出来て、


一時係留していたのですが・・・





お父さん。少し欝があって・・・

この自由に過ごしてる子が、繋がれてるのに嫌気がさして・・・

ほんの少しの合間に、ほぼ全ての子を放してしまいました(つд⊂)

それで残ったのが、離れてるところに繋いだ子犬一頭のみ。

t02200124_0720040512086932266[1]


この日は、諦めてこの地で泊まることに。

翌朝、たけが到着。

とりあえずお父さんが起きるまでと、

なおみんとたけは、この時閉鎖間近の長泥地区へ行きました。


みんなが給餌に行ってる間に、お父さんを再度説得し

ダイを捕獲しました。

t02200367_0240040012087229365[1]


ダイちゃんは、妊娠してるので今回は絶対捕獲する気でいました。

昨日は、色々あったお父さんですが、

もう一度捕獲する気になってくださって、

続いてボスを捕獲。

t02200124_0720040512086934352[1]


残りは、成犬はマルのみですが、

今回は保護先に搬送がまだ出来ない都合で、16日までは保護できません。


子犬を、役場より借りた捕獲器があるうちに捕獲したかったのですが

お父さんに放されてしまった子を含めて

残りがなかなか捕獲出来ませんでした。


この日の活動で、保護できたのはダイとボスそして子犬の一匹です。








続きます。










長くブログを放置しました。



飯舘に保護に行くというところで、前の記事が止っていますが、

その前に、嬉しいご報告。

このブログで前に書いていた、楢葉町の母子犬のわんこ事情がいろいろ絡んでいて

詳しく書けないところもありますが、

無事に、子犬4匹(最終的に4匹いました!)を保護しました。

他団体含めみんなただ救ってあげたいという思いのもとで

必死に頑張ってくれた。



みんなひどい疥癬です。

とくに最後の子は、殆んど毛が無い状態で保護されました。


楢葉町は、今月10日で警戒区域が解除されます。

一年半近く、放っておいた命ですがまだまだ生きてるこ沢山います。




2012-07-12 08.20.25-1[1]
2012-07-23 11.35.25-1[1]
2012-07-17 17.03.17-1[1]
533211_118799571598635_916950029_n[1]


この子たちの、お母さんはまだ保護されてませんが、
10日以降に飼い主さんの手によって保護される予定です。

お母さんもひどい疥癬で、直で病院行きですがね。

以上 報告でした。












プロフィール

菊子

Author:菊子
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
フリーエリア
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。